• XM

XMのレバレッジ制限には要注意!

レバレッジ規制には注意しろ

XMのレバレッジは最高888倍まであります。
ただし、いつでも888倍ではありません。2つのことによって制限変更がありますので注意しておく必要があります。

2つのレバレッジ規制(制限)とは

XM のレバレッジ引下げ措置には2つあります。
一つは ギリシャの国民投票や アメリカ大統領選挙のような政治的イベントや経済的リスクイベントがあると規制がされます。
例えばギリシャではチプラス首相が突然の辞任した時にはレバレッジは888倍から50倍まで下げられました。
アメリカ大統領選挙のときも888倍から100倍まで下げられています。

このようなことがあるのでフルにレバレッジを使っていると証拠金の入金やポジションをカットせざるを得ないこともあります。もちろん何もしないで証拠金維持率が20%を下回ってしまえば強制ロスカットされてしまいます。

レバレッジが888倍から50倍に下がるとどうなるのか

例えば888倍のレバレッジで1万通貨を購入した場合の証拠金が2,000円とします。それを5万通貨購入した時には10,000円の証拠金で売買が可能となります。
ところが先のような規制が入りレバレッジがいきなり50倍まで下げられてしまうと1万通貨で35,520円の証拠金が求められます。ですので5万通貨となると約18万円も必要となりますから口座に5万円しかなければ13万円の証拠金を入金する必要がでてきます。

イギリス欧州連合離脱のときのレバレッジ

遡ること2016年6月23日にイギリスで欧州連合離脱是非を問う国民投票行われました。
この時には レバレッジが25倍まで下げられました。
このときもそうでしたが、レバレッジ規制については1週間くらい前にメールで連絡があります。
連絡はありますが、当人にとってはそのときにフルレバレッジに近い状態ならばとても慌ててしまいます。
「ちょっと勘弁してよ~」と叫ぶくらいインパクトがあります。
いいですよ利益が出ていれば。でもそうではなく含み損を抱えていれば、そのレバレッジに見合った証拠金を入金する、もしくはポジションを整理しなくてはいけないのですから初めてのことだと、とても頭の中は混乱します。イベントが終わればレバレッジ規制は解除されます。ですから証拠金が入れられるのであれば入れておいて、影響がなかったならば規制が解除されてから引き出す方法がよいかと思います。

再度繰り返しますが、フルレバに近い投資を行っていますと何らかの措置を講じる必要がありますからくれぐれもご注意ください。

口座残高によるレバレッジ規制

もうひとつのレバレッジ規制は口座残高によるものです。

XMには、マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の3タイプがありますが、いずれの口座においても1~888倍まで使えるのは5ドルから2万ドルまでです。
2万1ドルから10万ドルまでは1倍から200倍までとなります。そして10万1ドル以上は最高レバレッジは100倍までです。

つまり1ドル110円であれば日本円で220万円までが888倍のレバレッジとなります。ただし為替は変動していますから200万円くらいまでと考えた方が良さそうです。この金額を超えると最高でも200倍となりますからフルレバレッジ状態ならば措置を講じる必要が出てきます。

レバレッジ規制は口座ごとではなく全口座の残高になります

口座残高のレバレッジ規制についてXMに問い合わせしてみました。

私|
口座から2万ドルを超えた分を移すと、再び888倍が使えるのでしょうか?それとも全口座で2万ドルと考えるのでしょうか

Support|
レバレッジ888倍を設定して頂ける条件は、保有全ての口座合計の有効証拠金(残高+クレジット(+/ー未実現損益))が、USD5~USD20,000の範囲となっております。
USD20,000を超えますと最大レバレッジは200倍、USD100,000を超えますと最大レバレッジは100倍となります。
口座ごとではなく、お客様保有全ての口座の有効証拠金合計額が対象となります。

私|
全口座で2万ドルを超えると、888倍から200倍まで引下げられることはわかりました。連絡が来てから下げられるのでしょうか?

Support |
担当部署にて、該当することが確認された時点で、まずレバレッジ設定が下げられ、同時にそのことをお伝えするメールが届くことになります。

私|
そうしますと、いきなり強制ロスカットされることもあるということですね?

Support |
保有ポジションのご状況によっては、レバレッジ引き下げで、ロスカットが発生することもあるかと存じます。

XMを利用するならば、このように2万ドルを超えると最高で200倍、10万ドルを超えると最高100倍になる点は肝に銘じておくべきことです。

関連記事一覧

  1. MT4の管理画面
  2. XMの両建ての注意点のアイキャッチ画像
  3. XMボーナスページ
  4. ボーナス
  5. 4月8日の残高
PAGE TOP